Yasuoka Laboratory


研究紹介

 分子動力学(MD: Molecular Dynamics)をはじめとする分子シミュレーションを用いて, "ナノテクノロジー""環境・エネルギー""バイオサイエンス"など先端技術につながる現象をミクロな視点から解析しています. また分子動力学シミュレーションをより高速に行うための専用ハードウェアの開発も行っています.
 生体膜,タンパク質

生物の組成を理解する上で重要なタンパク質についての研究です.詳細はこちら
Keyword: Lipid bilayer, Protein, Aquaporin, Water
 シミュレーション高速化技法の開発と応用
MD計算を高速に行うための専用計算機の開発を行っています.詳細はこちら
Keyword: High Performance Computing, Multi-Core Processor
 液晶,高分子,ミセル
ディスプレイなどに用いられる液晶分子について,その物理的性質を調べています.詳細はこちら
Keyword: Liquid Crystal, Phase Transition, Confined Particles
 ミセル(界面活性剤,新規両親媒性分子)

界面活性剤(両親媒性分子)の自己集合体であるミセルについて,そのダイナミクスを研究しています.詳細はこちら
Keyword: Dissipative Particle Dynamics, Self-Assembly, Micelle
 ハイドレート(クラスレート水和物)
天然ガスの輸送貯蔵手段として注目を集めるハイドレートに関する諸物理性質を調べています.詳細はこちら
Keyword: Hydrate, Monte Carlo Simulation, Statistical Mechanics
 核生成(液滴/気泡核生成,結晶核生成)
相変化の初期過程である核生成について研究しています.詳細はこちら
Keyword: Nano Bubble, Phase Transition, Nucleation, Cavitation
 界面,クラスター,コンファインド
相と相の境目である界面と分子集合体であるクラスターに関する研究です.詳細はこちら
Keyword: Interface, Surface, Cluster, Alcohol

Copyright(c) 1998-2017 Yasuoka Laboratory, Keio University. All rights reserved.