Yasuoka Laboratory


概要

 近年物理学、化学,分子生物学などの基礎学問にとどまらず,機械工学,化学工学,医学などにおいて様々な現象を解明するために,分子や原子という微視的な視点からの研究が盛んに行われるようになっています.当研究室は分子シミュレーションという分子・原子の視点から研究を行うことができる方法を用いて,環境・エネルギー関連の研究,物質開発のための研究など様々な研究を行なっています.当研究室でおもに用いているのは,分子シミュレ—ションの中でも分子動力学(MD)シミュレ—ションと呼ばれるもので,これは分子の時々刻々の変化を観察することができます.実験的には個々の分子の動きを見ることが難しい場合にも,MDシミュレーションを用いることにより分子個々の動きを解析することが可能となります.MDシミュレ−ションは全ての分子間の力を計算する必要があることから,計算時間がかかることが問題となりますが,当研究室では分子動力学専用計算機を利用することで高速計算を実現しています.分子動力学シミュレ—ションを現象を理解することを主眼とした理学的研究に適用するだけでにとどまらず,物質開発や環境・エネルギーなどの工学にも適用していくことを目指しています.また医学部と連携し,医療への応用も視野に入れています.


研究テーマ

 研究テーマとして主に扱っているものは, 次世代エネルギー関連技術として高い注目度を集めているクラスレート水和物, 生体の重要な構成要素であるタンパク質,高分子,ミセル, ゲル,液晶などをはじめとしたソフトマテリアルなどがあります. 核生成界面クラスターなど物理的に重要な現象についてもMD(Molecular Dynamics; 分子動力学)シミュレーションを行うことで分子レベルから解明しようと試みています. 更に,これらMDシミュレーションの計算速度を左右する分子動力学専用計算機に関する研究も行っています.




   学部生,大学院生の方はこちら


Copyright(c) 1998-2017 Yasuoka Laboratory, Keio University. All rights reserved.